ゆんの業務改善ブログ

①生産性向上 ②業務改善 ③自動化 について情報発信しています。VBAプログラムは本当初心者から他のアプリケーションを呼び出して使う上級者的な使い方まで幅広いレベルで解説していきます。

蓄えたノウハウや知識、技術はあっさり同僚に教えるべし

周囲からデキるヤツだと思われたくて、業務内で得たノウハウや知識を独り占めしていませんか?業務上身に付けたノウハウや知識、技術はあっさりと同僚に教えてしまうのが吉です。今回は知識や技術をシェアすることのメリットについて解説します。

目次

ノウハウや知識、技術はあっさり教えるのが吉

f:id:mutable_yun:20191213230454p:plain
みなさんは自分が持っている知識や技術、ちょっとしたコツなどを同僚と共有していますか?せっかくのノウハウを教えたら、自分だけがデキるヤツじゃなくなる気がするからイヤですか?実は、自分が苦労して得たノウハウや知識、技術は何のこだわりも無くあっさり人に教えてしまうのが吉です。

上司の立場になって考える

あなたがもし上司の立場だったらどうでしょうか。成績優秀で実績もある人の評価はもちろん高いはずです。その優秀な人が、仕事を進める上で心掛けていることや、優れた知識を周囲に教えていたら、それは単に本人が優秀という以上の評価をするのではないでしょうか。

上司はチーム全体として成果を最大化する事が使命です。ということは、ノウハウや知識を独り占めする人よりも、そのノウハウなり知識なりを共有してチームの力を底上げしてくれる人の方がありがたいに決まっています。

教えることで優位性はむしろ高まる

周囲に情報を伝えてあげる事は、上司の評価を挙げるだけではありません。周囲からも頼りにされるようになり、自分の価値はさらに向上します。せっかく吸収したノウハウを共有するだけで頼りにされるようになるのです。失敗談などもどんどん公開しましょう。失敗は隠せば汚点に、公開すれば経験になります。そして、ノウハウを共有した結果、あなたの職場での「優位性」は果たして落ちるでしょうか。

答えはNoです。

やり方を教えただけで簡単に習得できるような知識や技術はたいした技術ではありません。いずれ周囲のメンバーも気づいていきます。それなら隠し持っているよりも、教えた方がいいですよね。もしあなたが長年の経験や努力によって身に付けた技術や知識が、周囲との競争優位につながっているのであれば、それは共有したとしても簡単に身につくモノではありません。

共有する⇒どうせすぐには身につかない⇒頼られる⇒教えてあげる。この流れを通して周囲の信頼を勝ち得て行きましょう。

一番大切なこと

そして何より大切なのが、常に学び続けることです。過去に身に付けた知識や技術に頼っているから、教えるのがもったいない様な気がしてしまうのです。人に頼られて教えてあげている頃には、あなたは次の知識や技術の獲得に動いていなければなりません。

日々、勉強する事が当たり前になってくると、人にモノを教えるのなんか何の抵抗もなくなります。私はブログでVBAの自動化プログラムを作成するのに必要な技術を解説しています。教えることで自分の知識の希少性が薄れるなんて思ったことはありませんし、何の抵抗もありません。

新しい知識を取り入れ続けているからこそ、タダでいくらでも人に教えてあげられる。そして、その事によって周囲の信頼を勝ち得る方が、技術や知識をケチるよりもよっぽど大きな収穫となると思います。

<関連記事>